国外の結婚式
 結婚という事について、日本での結婚の特徴を一言で表すならば、家同士の結婚という表現であらわすことが出来るのではないかと思います。本人同士が好きだから幸せに結婚できるというものでもなく、結婚後にどうしても、冠婚葬祭やお歳暮・お中元といった日頃のお礼というようなもので、親同士の交流であったり、気遣いであったりという事が、結婚した当事者同士の考えとは別に出てくるのが、一般的です。では、外国の結婚の場合はどうなのでしょうか。
披露宴②|矢口真里オフィシャルブログ 初心者です。 Powered by Ameba

一番身近に情報が入る国として、アメリカの場合などは、小さい頃から子供に自主性を持たせているという考え方からも、基本的には本人同士の意思を尊重して、あまり干渉される事も無いようです。ただ、日本と異なりいろいろな人種が同じ国に住んでいるということから、一部本人がどうというのではなくても、人種的な偏見から、受け入れられないというケースはあるようです。


次にお隣の国である、韓国ですが、こちらは、かなり自由に結婚を決められるようになってきたというものの、日本同様に家と家との関係というのは、重要視される傾向にあります。また、家柄や出身等に対する偏見も日本より、強くあります。

さらに以前ほどでは、なくなってきているようですが、男女間の差別というのも根強い国ですので、結婚したら妻は家庭に入って夫を支えるのが当然という考え方もまだまだあるようです。日本同様女性の社会進出が進んできていますので、どこかで考え方が変わるのでしょうが、日本以上に結婚に対する考え方に厳格なものがあるように感じられます。
結婚式の披露宴で気持ちが萎えたことは? - アンケートデータバンク

それ以外では遠くヨーロッパまで行くと、結婚という考え方自体がだんだんとナンセンスになってきて、結婚というものにはこだわらず、一緒に暮らせれば何も変わらないのだから、あえて籍をいれる必要も無いのではというところもあります。日本にいて日本人と結婚する限り、このようなお国柄の差というものを気にする必要は、まったく無いのかもしれませんが、国際結婚を考えている人の場合には、相手の国では、どういった考えが一般的なのかということを知っておくことが、必要になってくるのではないかと思います。